包茎にはどのような種類があるのか

Author: admin  //  Category: 男特有の悩み

包茎と一言で言いましても、なにも1種類ではありません。
さまざまな種類のものがりますので、それをしっかりと注目していかれるといいのではないでしょうか。
自分がどれに属しているのかを調べてみるのもお勧めでしょう。
ではその種類ですが、まずは「仮性」タイプがあります。
仮性は、通常時は亀頭に皮がかぶっている状況です。
しかし、勃起をしますと、亀頭から皮がなくなるような状況となるのです。
ですので、日常すべてで皮がかぶっているわけではありません。
状況によってはデメリットが大きくなるケースもありますが、それほど深刻ではありません。
他の種類としては、「真性」タイプのものがあります。
真性のほうは、通常時も勃起時も皮がかぶっている状況です。
いろいろな不具合が考えられますので、注意が必要です。
保険適用内での手術が可能です。
最後に、「カントン」タイプの場合もあります。
カントンはかなり特殊で、皮の先がすぼまっています。
ですので、勃起をしますと、亀頭を締め付けてしまうこともあるのです。
こちらの手術をしていくことがお勧めです。
包茎には以上のような種類があります。
自分がどれに属するのかをまずは把握しましょう。