包茎のリスクに関して

Author: admin  //  Category: 男特有の悩み

青少年期のおける自慰行為は、大切なプロセスです。
射精をコントロールする事で、自分の性衝動のコントロールを覚え、自我の発達と本能的な衝動の抑制を学ぶ過程となります。
その過程において、性教育や包茎の知識などは大事だと言われています。
保護者が青少年たちの自慰行為について、接触する事は回避すべき行為ですが、丁寧な知識と情報を告知する事は、重要だと考えられています。
事情が深刻な場合はメンズクリニックなどの利用をすすめる道もあります。
特に真性包茎などは、リスクが高い面があります。
一般的な自慰が行えず、極端な姿勢ややり方による自慰に走り、怪我や病気の危険性を育てる事があります。
また一般的な皮を被った状態でも、自慰行為の方法によって、極端な早漏体質になるパターンもあり、注意が必要です。
皮が被ったままの陰茎状態を長く放置していると、潜在的に早漏になりやすい、という意見もあり、避妊具の装着時に射精してしまったり、何かと不便です。